車の名義変更

車の名義変更とは、車を売買した時や、家族が亡くなってしまった時など、車の所有者が変更になった時におこなう手続きの事です。自動車の名義変更というのは正式名は移転登録といい、新しくその車の所有者となる人の住所を管轄している運輸支局・陸運局に行って手続きをおこなわなければいけません。

 

中古車を売買する際、中古車店で買う、売るなどした場合には、名義変更を中古車店で代行してくれる場合もあります。ですがその際には代行料がかかる場合もあります。その代行料を節約するため、もしくは中古車店を介さず自分で個人売買をした場合などは、自分で手続きをおこなうという方法もあります。

aw5

もちろん、名義変更をしなくても、その車に乗る事は出来ますが、毎年の自動車税は所有者に来てしまいます。

また、万が一、新しい所有者がひき逃げ等をして行方をくらましてしまえば、警察は所有者に真っ先にきてしまいます。身に覚えのない事件に巻き込まれてしまう危険性もないとは言い切れません。また、駐車禁止やスピード違反(レーダー)などの請求も所有者に来ます。

近年、車を売る場合も買う場合も、ネットオークションで購入した方がお得な為、それを利用する人が増えています。もちろん車の不具合や金銭トラブルの可能性もありますが、たとえ車自体に問題がなくても必ず行わなければいけないのが名義変更です。

特にネットオークションは相手がわかりませんので、もたもたしていると名義変更がスムーズに行かないケースも多々あります。

そのため、どんな理由であれ、できるだけ早く名義変更を済ませるようにしなければいけません。

車の名義変更はこのように重要な事柄なのです

車の運転免許を持っていれば、誰もが車を購入したり、買い取りしてもらったりという事があるでしょう。ディーラーから新車を購入した、売らずに廃車にしたという場合には必要ないかも知れませんが、中古車を売買したり、譲り受けた場合には車の名義変更をおこなわなければいけません。

afr

信用できる中古車店で車を売買した時には、その名義変更などの手続きはそちらでおこなってもらえるでしょう。ですが、個人間で売買した場合には、自分で名義変更の手続きをしなければいけません。

たかが名義変更と思うかも知れませんが、名義変更をおこなわなければ、毎年の自動車税の請求も所有者に来ますから旧所有者に来るのです。

 

『別に、請求来たって、その人に払ってもらうから大丈夫』という人もいるかもしれません。ですがよほど信用のある人でなければ、どうなるか分かりませんし、名義変更をしない事でのトラブルは当然他にもあるのです。

それは、もしも売買した人が事故を起こして逃げてしまった場合、その慰謝料請求は名義人に来ます。

もしも人を轢いてしまい行方をくらましたといったら、責任も自分にものしかかってくるのです。

その他には駐車禁止やスピード違反などの請求も来るのです。

 

近年、インターネットオークションで車を売買することが多くなってきたのですが、その場合は特に注意が必要です。どんな人がわかりませんから、スムーズに名義変更をおこなえるとも限りません。

dde

名義変更は基本的には陸運局に行って手続きをしなければいけませんが、そのやり方も必要書類もケースによって異なります。旧所有者が亡くなってしまった場合、未成年の場合、車のローンが残っている場合、軽自動車、車検が切れている場合など、必要な書類も変わってきますからしっかり覚えておくといいでしょう。

また、名義変更をする場合には、事前に必要な手続きをしなければいけない場合もあります。

 

例えば、所有者がローン会社にある場合には所有権解除をおこなわなければいけませんし、車を購入した場合は車庫証明も取らなければいけません。また、その他に自賠責保険の権利も変えなければいけません。

 

実際、必要書類は多いですが、自分でも簡単にできるのですから、自分が名義変更をするためには何が必要なのかをよく確認して、トラブル回避の為にできるだけ早く名義変更をおこなう事でしょう。

中古車査定を受けるためには、1社だけではなく、複数の買取専門店に査定をしてもらうことがお得です。車を高く売る時には車一括査定を利用しましょう。ディーラーに下取りをしてもらうよりもかなり高い価格で買い取ってもらうことが現在はできますので。